ママ友お付き合い!子供にとっても、どうしたら「NO!」と言えるかを見せることも必要

MENU

ママ友お付き合いのお金について

そろそろママ友時代は終わりになる年齢になりました。

 

何度も引っ越して、ママ友との付き合いであまりお金を使うようなことはあまりありませんでした。

 

でも引越しで、急にランチ付き合いの機会が増えて、びっくりしています。
人によっては、行く人といかない人は二極化しています。
行く人はランチ2000円であろうと3000円であろうと全く意に介さない人が結構いることを見て、驚愕しました。

 

初めは、1000円越えでもびっくりたのに、免疫ができてお金よりおいしい物やいい雰囲気を追求するようにさえなります。

 

けれど、節約の意思がある人はなんとなくわかります。
要するに、今の月収や将来の収入が十分な保証がある人はまったくの別世界の人だと感じています。

 

お金だけでなく、時間も十分使える人と、体力を使えない人もさまざまです。

 

お金も時間もおしゃべりも人によって違うのです。

 

お金も体力もない人は、自覚して、家でご飯つくりをして片付けや掃除をすることが
家族の健康につながり、無駄な支出をせずにすみます。

 

無理してつきあっても、続きません。

 

つきあえば、その人はつきあえるんだと思われて、また次の誘いがきます。

 

行けない時はどうにかして行かないことです。

 

子供にとっても、どうしたら「NO!」と言えるかを見せることも必要です。

 

行ける人・お金を出せる余裕のある人は使えば良いことです。

 

年取って思うのは、その後も付き合いが続くかどうかはお金とは一切関係ないことなのです。

 

お金も時間も自分が持っている範囲で自分で管理して工夫するしかないです。

 

お金のない人はお金のある人の生活を理解しづらいし、ある人は、ない人の生活は理解しづらいように感じる事があります。

 

自分のことは自分が一番よく知っているのですから。

 

【PR】ウォーターサーバーのアクアクララ!最先端除菌ユニット+安全チャイルドロック♪

trust_banner630
自分の子供に飲ませたいBEST人気のコンパクトなウォーターサーバーです!
○○○ちゃんのお家で飲んだお水・・とっても美味しかったよ!・・・嬉しい一言ですよね・・・